秋篠宮殿下のおことば


お写真 秋篠宮殿下並びに眞子内親王殿下



 本日、「全国学校・園庭ビオトープコンクール2015」の発表と交流大会に皆さまと共に出席できましたことを、たいへん嬉しく思います。またこの度、各賞を受賞される皆さまに心よりお祝いを申し上げます。


 自然は、私たち人類を始めとする生きものがくらしていく基盤になるものといえます。また、それとともに地球温暖化の防止や、災害による被害の軽減、地域経済の活性化につながるなど、様々な機能を有しております。そして教育や保育の場においては児童や生徒たちの周りにある自然が、豊かな感性や主体的に学ぶ力を育むと言われております。


 学校や園庭につくるビオトープは、児童生徒たちにとって身近な自然になります。この度のコンクールにおける受賞事例からも、身近な自然を通じて自然を大切にする心が育まれたり、思いやる心や表現する力、探究する態度が養われたり、情緒の安定につながったりするなど、教育や保育そして福祉の面から様々な効果が報告されていると伺っております。


 このような意義深い取り組みが、本コンクールを通じて全国に広く紹介されることは、国際社会が求める自然の恵みを積極的に生かした持続可能な社会に向けた人づくり、そして地域づくりに大きく貢献するものと思います。


 終わりに、本活動に携わってこられた多くの方々に深く敬意を表しますと共に、学校ビオトープ、園庭ビオトープの取り組みが、今後も日本各地で普及し、自然を慈しむ心の輪が広がっていくことを祈念し、私の挨拶といたします。


 
 

Copyright(C)2015 Ecosystem Conservation Society-Japan All Rights Reserved